外為オンラインとはFX(外国為替証拠金取引)サービスのひとつ

人気のFXサービスである理由は「ブレがない、固定スプレッド」「業界トップ水準の高いスワップ金利」というのはすでに説明しているので、その他の特徴を紹介します。

使いしやすい取引システム

外為オンラインは、2010年4月に取引システムをバージョンアップしています。
カスタマイズした画面を3パターン保存可能で、タブで簡単に切り替えることができるようになりました。取引用レ、為替情報を見る用、ニュース用レイアウトなど、自分の目的に応じて切り替えることができ非常に便利です。

新規注文画面でも、TICKチャート、1分足チャートが表示され、細かい値動きの推移をリアルタイムで見ながら、注文のタイミングを判断をすることができます。

安心の全額完全信託保全

顧客から預かっている証拠金は三井住友銀行で100%全額信託保全されています。
万が一、外為オンラインが破綻しても証拠金は返還されるのでこちらも安心です。保全先の三井住友銀行は国内外の格付け機関から評価されており、信託保全先の信頼性も高くなっています。

自己資本規制比率も約500%(2010年7月末時点)と高い数値を誇っています。
取引口座数がFX業界第2位の約20万口座、預り資産も約500億円という数字はFXトレーダーが「外為オンライン」を資金を預けても安心と評価している現われです。

充実の分析ツール

独自の分析ツール「ハイブリッドチャート」は特許出願中であり、1つのチャート画面で月足~日足、8時間足~1時間足、30分足~1分足をエリアごとに表示ができます。この画面では、過去に起こった大きな流れから直近の細かい流れまで、1つの画面で視覚的に捉えることが可能で非常に見やすくなっています。

「NEWSチャート」も独自開発で、ロウソク足をクリックすれば、そこで起きたニュースを見ることができます。逆の流れで、ニュースからその当時の値動きを見れるので、過去の情報収集が簡単に行えます。